受験生の方へ

受験生の方へ

人間発達文化学類は、「人間の成長に携わる専門家」を養成します。

「人間の成長」とは、単に赤ん坊が大人になってゆくという生物学(自然科学)的な発達だけでなく、言葉を用い文化を生み出しながら成長するという人文科学的な側面からの発達という意味もあります。人間は集団を作り社会の中で育ちますから、社会科学的な側面からも成長をとらえなければなりません。
人間の発達にとって何が必要かを専門的な視点から主体的に考えることのできる、学校や保育園、あるいは自治体や企業の中で活躍する人たちへと育てていきます。
人間発達文化学類には、次のような特徴があります。

その1
これからの社会をリードする教育者に必要な、知識や問題意識、実践力を育てます。
その2
専攻単位で幅広く募集し、豊富な専門領域があるので、
入学後にじっくりと自分の専門を選べます。
その3
カリキュラムに自由度があり、
自分の学びたいことを思いっきり学ぶことことを理念としています。
その4
クラス制度をとっており、毎週クラスのメンバーが集まるので、安定した学生生活を送ることができます
その5
クラスアドバイザーとカリキュラムアドバイザー、
研究指導教員のトリプル指導体制でていねいな指導を受けることが出来ます。
その6
平成20~24年度にかけて、約8割の学生が教員、保育士等の資格を取得!
計画的に学びを積み上げるためのカリキュラムがあります。
その7
たくさんの資格が準備されており高い就職率を誇ります。
その8
実践実習科目など、たくさんの実習機会が準備されています。
その9
感性豊かな教育者を育てるヒューマニティあふれる学風です。
その10
たくさんの受験機会が準備されています。