学校ボランティア

実践・省察し信頼される教師になろう

 いま学校では、学力向上やいじめ、不登校などさまざまな課題をかかえ、新任教師にも即戦力が求められています。学校は、さまざまな児童生徒のニーズに応えるのに人手を必要としています。

 大学は、福島県内の学校ボランティア活動の協定を結び、学生が各小中学校を応援しながら、学生も教師としての実践的指導力を高める活動を推し進めています。

 学類後援会は助成金を、伊達市・国見町、棚倉町、大玉村は交通費を予算化して支援しています。多くの学生の自主的な活動を期待しています。

学校ボランティア募集

 今、学校はさまざまな課題をかかえながら、先生方は子どもたちに真摯にむきあって指導をしています。そして、授業中集中がとぎれて出歩く子がいたときや既習内容でつまずいて先に進めないでいる子がいたときに、もう一人補助してくれる人がいたらと思うときがあります。そんなときの一人があなたです。学校ボランティアの出番です。

 教育の出来事は、子どもたちのいる学校で起きています。「自信をもって教壇に立ちたい」「学校の役に立ちたい」「教師の仕事ってどんな仕事?」などの自分の課題を、学校現場が解決してくれます。

 2年生は学校理解とプレ教育実習体験に、3年生は学校教育の基礎づくりと課題探究に、4年生・院生は学校探求と教師力アップに学校ボランティアを体験してみませんか。

 あなたの一歩が、あなたの実践的指導力につながります。信頼される教師をめざしましょう。

募集内容

対象人間発達文化学類2~4年生 院生
日時
  • 都合のつく時間(1時間でも、1日、1週間でも)
  • 定期的に(都合のよい曜日ごと)
  • 行事の日(運動会、遠足、学校公開等 ) ○夏休み、冬休み、春休み期間
  • 夏休み、冬休み、春休み期間
活動内容
  • 学習や生活、部活動支援
  • 特別支援学級支援
  • 行事等の支援
  • 夏休み中の学習支援
交通電車、バス、自転車、徒歩等(自動車、バイクの使用は認めません。)
場所
  • 福島市・郡山市:希望する市内の小中学校
  • 伊達市:伊達小・保原小・上保原小 梁川小・桃陵中
  • 国見町:くにみ幼・国見小・県北中
  • 棚倉町:棚倉幼・近津幼・社川幼・高野幼・棚倉小・社川小・高野小・近津小・山岡小・棚倉中
  • 大玉村:大山幼・玉井幼・大山小・玉井小・大玉中
交通費等伊達市・国見町の学校ボランティア活動については、交通費実費が実施回数分支給されます。実施した日ごとに学校に請求書類を提出して下さい。

福島市、郡山市の学校ボランティア活動については、人間発達文化学類後援会より助成金が支援されます。詳しくは助成の手続きをご覧下さい。
申込方法教務課実習担当窓口にお申し込み下さい
問い合わせ先学校ボランティア支援員(齋藤・二瓶)が、ていねいにサポートします。
学校ボランティア支援室 理工 107室

齋藤幸男 ysaito@educ.fukushima-u.ac.jp
二瓶洋允 hnihei@educ.fukushima-u.ac.jp

助成の手続き

学校ボランティア活動に人間発達文化学類後援会が支援します。

対象人間発達文化学類  4年生、院生
福島市、郡山市の学校ボランティア活動
期間平成28年4月1日~平成29年3月31日
支援額前期 1人    1,000円
後期 1人    1,000円
問い合わせ先学校ボランティア支援員(齋藤・二瓶)が、ていねいにサポートします。
学校ボランティア支援室 理工 107室

齋藤幸男 ysaito@educ.fukushima-u.ac.jp
二瓶洋允 hnihei@educ.fukushima-u.ac.jp
手続き
  • 学校ボランティア活動を行ったら、学校ボランティア支援室へ利用申請書を提出してください。(利用申請書は、学校ボランティア支援室にあります。)
  • 前期1人何回活動しても1回、後期も1人1回です。前期後期ごとに利用できます。
  • 申込内容を確認後、支援額を受け取ることができます。

学校ボランティア通信