専攻の紹介

子育て支援クラス

~子どもは希望。乳幼児の健やかな発達を支え、子どもとともに生きる専門家を育てます~

スライド1乳幼児期の生活経験は、これまで考えられていた以上にその後の人間らしさの育ちや発達に大きな影響をもたらすことがわかってきました。それだけに、家庭や幼稚園・保育園、さらには子育て支援や専門的な援助機関の果たす役割は重大です。その要となるのは、そこで働く人たちの質。子育て支援クラスでは、確かな知見とともに、豊かな感受性と表現力、そして子どもとともに生きようとする温かな人間性を備えた子育て支援の専門家を育てます。

スライド2

特徴的な授業

総合表現(劇)

子どもの成長発達において、劇的活動は自己表現の手段の一つです。幼児の劇的活動は単純なごっこからの発展、絵本からの発展などさまざまな様態をとります。この授業では、このような幼児の劇的活動を理解し、援助できるような力量を形成するとともに、学生自身の表現力を高めることを目的としています。平成26年度からは日生劇場の支援を得ながら、人形劇団「ひとみ座」から講師を招いて、人形劇について台本から人形作り、上演までプロの技を学んでいます。

学生の感想

・この講義を通して、表現することが楽しいと思えるようになった。自分の表現が相手に伝わり相手から様々な反応が見えることが面白く、もっといろんな反応がみたいと感じた。

・劇を通し、技術面だけではなく、良い劇を創るには、みんなの意識をひとつの方向に向けることが大切なのだということも、経験を通して実感することができました。

・「仲間と協力して1つのものを作る」というのはとても大変なことであり、良いものを作りたいという気持ちが大きければ大きい程、劇と本気で向き合えば向き合う程、チーム内での衝突も増えるということを身をもって学びました。張り詰めた雰囲気やメンバー同士の衝突は辛かったけれども、「良い劇をみんなで作りたい」という思いがそれぞれあったからこそ、劇を通して絆が深まったのだと思います。

臨床幼児教育研究II

この授業では、これまでの授業で学んだ子ども理解や幼児教育の理論等をもとに、保育案を書き、それにそって模擬保育をおこないます。このことにより、保育案の役割、教材研究の必要性、子どもへの対応が机上のとおりにいかないことを経験し、少しでも自分が保育を行うことに慣れるようにしています。

卒業後の進路

卒業生の多くが、公立幼稚園や公立保育所およびこども園で保育者として働いています。また、私立幼稚園・保育所、地方自治体、民間企業、小学校、特別支援学校にも就職しています卒業生の多くが、公立幼稚園や公立保育所およびこども園で保育者として働いています。また、私立幼稚園・保育所、地方自治体、民間企業、小学校、特別支援学校にも就職しています。

なお、過去5年に卒業生を幼稚園教諭および保育士として、或いは保育士以外の児童福祉の専門職に採用していただいた自治体は以下の通りです。

  • <福島県>福島県・福島市・郡山市・伊達市・二本松市・本宮市・須賀川市・白河市・喜多方市・中島村・大玉村
  • <宮城県>仙台市・大崎市・栗原市
  • <岩手県>北上市
  • <山形県>山形市・米沢市・新庄市・川西町・最上町・寒河江市
  • <茨城県>水戸市
  • <栃木県>宇都宮市・壬生町
  • <埼玉県>さいたま市
  • <千葉県>浦安市
  • <東京都>北区・杉並区・文京区・荒川区・狛江市
  • <神奈川県>横浜市・相模原市

ゼミの紹介

大宮ゼミ
現在は、子どもの成長や内面を肯定的に理解するということを主たるテーマにニュージーランドの「学びの物語」という方法を手がかりに使いながら、幼稚園・保育園のなど実際場面での研究を進めています。ときには、会食や散歩も少しだけ。
白石 昌子ゼミ
卒業論文のテーマは実に多彩です。子育て支援から幼児の音楽表現まで多種多様な関心を持った学生が、各自の考えを深化し先鋭化するために毎週、討論を交わしています。モットーは「自分で考えること」。近年の卒業論文のテーマは、「子どもの感性と自然体験」「幼児の遊びや生活場面における自発的音楽表現」「幼児の遊びの様態と保育者の働きかけ」「子どもの感情移入の考察に基づく絵本の制作実践」などです。
西内ゼミ
幼児教育に関するものの他に、小中学校の社会科教育やシティズンシップ教育に関わるものを研究課題にする学生が集っています。異質なものが対等に混じり合い、共同を目ざして意見交換等を行っています。
原野ゼミ
単なる文献上の興味ではなく、実習で疑問をもったことや卒業してからの進路にも役立つような形で卒業研究のテーマを考えるようにしています。多くの学生が保育者を志しているので、空き時間に幼稚園や保育所等の児童福祉施設、その他幼児・児童にかかわる学外での活動をし、その経験と文献をすりあわせながら、考えを深め、ゼミの時間に発表し、討議しています。

教員紹介

氏名研究内容
大宮 勇雄

乳幼児の発達と「保育の質」

白石 昌子

幼児の音楽活動の内容や方法

西内 裕一

シティズンシップ教育の方法論

原野 明子

幼児の仲間関係の発達