大学院

教職実践専攻(教職大学院)

 本専攻では,「マネジメント経験を積みながら省察する実践力」「高度な授業力」「アクティブな理論的探究力」「新たな教職への自覚と強い責任感」の4つの資質・能力の育成をめざします。
 そのため,福島県教育委員会と連携しながら福島県の教育課題を共有し,いま学校現場にある課題解決を図るべく,現状を的確に把握して福島の未来を創造する独自の教育を創出します。
 自分の理想とする教員像と役割に応える3つのコースで,それぞれのカリキュラムにおいて,教育課程を含む学校のマネジメント経験を積みながら教師力を向上させて,福島県の教育を牽引する「ミドル・リーダー(次のミドル・リーダー,次世代のミドル・リーダーを含む)」の養成をめざします。
 教育に関する理論と学校現場における教育実践とを往還させる仕組みとして,「学校における実習」ではカンファレンス(月1回)を,「プロジェクト研究」ではラウンド・テーブル(教育実践報告会)(年2回)を実施し,自らの実践を省察し,次の実践へステップアップする力を育成し,学校改革・授業改善に結びつく実践的研究能力の向上を図ります。

ミドル・リーダー養成コース

現職教員のみを対象とし,授業力や生徒指導力などの自らの教育実践力をもとにマネジメント経験を積み,学期や年間を通しての学年,学校レベルの課題に対応する力を身につけて,学年,学校経営課題への対応力を磨きます。

教育実践高度化コース

若手現職教員で様々な実践課題が見え始めた方や,多様な現職教員と交流することを通じて教育実践の課題を総体として理解し,学校教員となりたい学部新卒学生を対象とし,授業力など基盤となる教育実践力を磨きます。

特別支援教育高度化コース

障害の重度化・重複化・多様化に対応できる専門性の高い特別支援学校教員を目指す現職教員,学部新卒学生を対象とし,高度な教育実践力や学校マネジメント力を磨きます。

教員紹介

氏名研究内容
荻路 貫司

欧米における教育思想と制度の歴史的研究

中田 スウラ

学習社会における生涯学習の展開と社会教育施設

松下 行則

子どもの価値形成を支援する道徳授業方法の研究

谷 雅泰

明治前期の地方教育行政に関する研究

阿内 春生

市町村独自の教育政策をめぐる政治過程の研究

坂本篤史

授業研究における教師の学習過程の研究

鶴巻 正子

障害児心理学・特別支援教育、発達障害児の読字・書字への支援

内田 千代子

引きこもり、自殺、いじめと発達障害、不安障害等の精神医学的研究・学校精神保健

渡邊 州

実践的な国語科教育法の研究

栗原 秀幸

数学理解についての認知的な研究

森本 明

算数・数学の実証的授業改善研究

西内 裕一

シティズンシップ教育の方法論

鵜沼 秀雅

小学校社会科教育

野崎 修司

実践的な理科教育の研究

浜島 京子

子どもの家庭生活認識及び実践力を高める家庭科教育の検討

杉田 政夫

音楽教育に関する歴史的、哲学的研究

嶋 英治

音楽科教育における「知覚・感受」を基にした指導法の研究

三浦 浩喜

小中学校における美術教育の実践研究

森 知高

体育の教育内容の研究