教員免許状はどのようにして取得するのですか。

幼稚園教諭免許状、小学校教諭免許状、中学校教諭免許状(各教科)、高等学校教員免許状(各教科)、特別支援学校教諭免許状を取得するには、それぞれ「教員免許法」に定められた単位を取得し、「教職科目」、「教科教育法」や「教科内容」「教育実習」などを受けることになります(※本学類では取得できない一部の免許状があるので注意してください)。

人間発達文化学類では、免許取得希望者は1年後期に登録を行い、免許取得の計画にしたがって単位を取っていきます。その他、学類独自に「自然体験実習」や「地域教育実践」、「臨床教育実践」などの授業も準備し、「教員養成プログラム」として受講を推奨し、単なる免許の取得だけでなく、より実力のある教員が養成できるよう、さまざまな工夫が凝らされています。

なお、「教員免許法」が改正され、平成22年度入学生より「教職実践演習」という科目が4年次に加わり、「教員養成プログラム」はさらに強化されます。また、昨今の就職状況から複数の免許状の取得を推奨しています。